和風美人を目指す!

長寿国日本の女性たちに送る美しく健やかなエイジングケア

ヒアルロン酸のアンチエイジング効果

エイジングケアで活躍するヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人間の体内にあり、体の機能を助ける働きをしてくれている栄養成分です。
ムコ多糖と呼ばれる多糖類の一種で、コンドロイチンと共に、関節やお肌の中で重要な役割を果たしています。
このムコ多糖とはアミノ酸によって作られた動物性の粘性のある物質で、お肌の弾力を生み出したり、関節の滑りを良くし、水分を保つ役割をしています。
しかしこのヒアルロン酸は年齢を重ねるにつれて生成量が減っていってしまうため、30代を意識するあたりからはいかに減ってしまった成分を補給するかが、エイジングケアのポイントとなってきます。

ヒアルロン酸で関節痛対策

ヒアルロン酸は関節においては治療目的で、美容においてはスキンケアで主に利用されています。
たとえば関節痛対策で人気なのがヒアルロン酸注射です。
外科では関節の潤滑油の主成分であるヒアルロン酸を直接注射する施術が、一般的に行われています。
さらにヒアルロン酸には軟骨を修復する作用があり、二重の意味で関節痛には効果的なのです。

ヒアルロン酸の保湿効果

一方でヒアルロン酸は保湿力を高める美容成分として主に美容液や化粧水の中に配合されていますよね。
保湿化粧品のヒアルロン酸には、アミノ酸やコラーゲン、ビタミンCやA、ミネラルなどを細胞の奥まで浸透させる働きがあります。

ヒアルロン酸の生成量の変化

ヒアルロン酸の生産量は年齢を重ねる毎に減っていきます。
たとえば赤ちゃんのヒアルロン酸保有率を100%とすると、30歳でその保有率は65%にまで落ちると言われています。
女性が20歳代後半になりますとお肌の曲がり角とも言われるのは、このためです。
このヒアルロン酸の保有率は50歳になればさらに落ち込み、50%を割り込みます。
そして60歳になればさらにその半分、25%にまで落ち込んでしまうのです。
そのためヒアルロン酸の補給は美容とアンチエイジングには絶対的に必要なものとなります。
40代になると出てくる肌のたるみ、しわ、しみ、ほうれい線が目立ってくる主要因と考えられているからです。

サプリメントで積極的に補いましょう

アンチエイジングにおいては、必要な栄養を取ることは重要な要素となります。
急速に落ち込んでくる美容成分の生産量を補うためにもサプリメントで補給することで、ある程度の加齢のスピードを抑えていきましょう。