和風美人を目指す!

長寿国日本の女性たちに送る美しく健やかなエイジングケア

九州の伝統健康食にんにく卵黄

にんにく卵黄の効能とは

中高年のサプリメントブームで一躍注目されている日本食があります。
それが九州で産まれた自然派のサプリメント、にんにく卵黄です。
にんにく卵黄は健康食として、昔から伝統的に南九州の鹿児島地方で食されていたものです。
体にいいとされるにんにく卵黄ですが、実際にはどのような効能があるのでしょうか。

にんにく卵黄の主な栄養素

にんにくにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。
また卵黄には多くの栄養素が含まれているため卵黄を摂取すれば一度にたくさんの栄養素を補給することができるようになるのです。
このように、にんにくと卵黄それぞれに効果があるのですが、この二つを組み合わせるとさらに違った独自の効果が期待できます。
にんにくに含まれるアリシンという成分と卵黄に含まれる中性脂肪が結合すると脂質アリシンという成分ができます。
この脂質アリシンという物質は強い抗酸化作用があり体の老化を防いでくれる働きがあります。
体や内臓の老化を防ぐことができれば、健康な体を維持することができるようになるため健康促進に効果があるとされているのです。

アリナミンもにんにくパワーでできている?

さらににんにくに含まれる栄養成分のビタミンB1は疲労回復効果に優れているのですが、これが同じくにんにくの有効成分であるアリシンと結びつくとアリチアミンという更なる栄養素となります。
栄養ドリンクのアリナミンは、このアリチアミンを抽出、濃縮した飲料として知られています。
というのも、もともと水に溶けやすく失われやすかったビタミンB1は、このアリチアミンという栄養素となることで、水溶性から油溶性へと代わり、体内に吸収されやすくなるのです。
しかもビタミンB1の疲労回復効果やエネルギー生産サポート効果は維持されているのです。

伝統食が勝ち得た信頼

このように、にんにくと卵黄それぞれ単体で効能がある上にこの二つを組み合わせたにんにく卵黄はさらに多くの効能を期待することができます。
しかも元々が日本の伝統食であったために、安全性は折紙付き。
保守的な中高年層の信頼を獲得するには十分です。
優れた栄養成分を多く含むにんにく卵黄は、これからも中高年のアンチエイジングのお供として活用されていくことでしょう。